耐震等級

耐震等級とは

耐震等級は「住宅性能表示制度」の中の1つの基準です。第三者機関による厳密な調査により、地震が起きたときの強さについて、等級1~3の数字で示しています。

家を建てるときや購入するときに間取りや内装は目で見ることで判断できますが、「地震に対しての建物の強さ」などはなかなか判断できません。安心のためにも耐震等級にこだわって家を建てることも考慮していきましょう!


震災に強く、安心な家

地震が多い日本では、耐震性能の高さによって住宅の価値が大きく左右されます。住宅は地震から家族を守ることはもちろん、地震のあとも安全に住み続けることのできる「強さ」が必要です。また住まいの耐久性を高めることで、資産としての価値も上がります。

<>


耐震等級1:これは、最低限の耐震性能を有することを意味し、建築基準法で定められた基本的な耐震設計に適合しています。この等級の建物は、中程度の地震に対して倒壊や崩壊することなく耐えることが期待されます。

耐震等級2:耐震等級1よりも高い耐震性能を有しており、より大きな地震に対しても倒壊や崩壊するリスクが低いです。等級2の建物は、耐震等級1よりも厳しい基準に適合している必要があります。

耐震等級3:最も高い耐震性能を有しており、大規模な地震に対しても安全性が高いとされています。この等級の建物は、非常に厳しい耐震基準に適合しており、強い地震が発生しても構造的な損傷が非常に少ないことが期待されます。

耐震等級は、建物の設計段階で考慮される重要な要素であり、地震の多い地域、特に日本のような国々で非常に重視されています。耐震等級が高いほど建物の安全性が高まるため、新築時やリフォーム時には耐震性能を意識した設計が推奨されています。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント