2024年1月25日

耐震等級

耐震等級とは

耐震等級は「住宅性能表示制度」の中の1つの基準です。第三者機関による厳密な調査により、地震が起きたときの強さについて、等級1~3の数字で示しています。

家を建てるときや購入するときに間取りや内装は目で見ることで判断できますが、「地震に対しての建物の強さ」などはなかなか判断できません。安心のためにも耐震等級にこだわって家を建てることも考慮していきましょう!


震災に強く、安心な家

地震が多い日本では、耐震性能の高さによって住宅の価値が大きく左右されます。住宅は地震から家族を守ることはもちろん、地震のあとも安全に住み続けることのできる「強さ」が必要です。また住まいの耐久性を高めることで、資産としての価値も上がります。

<>


耐震等級1:これは、最低限の耐震性能を有することを意味し、建築基準法で定められた基本的な耐震設計に適合しています。この等級の建物は、中程度の地震に対して倒壊や崩壊することなく耐えることが期待されます。

耐震等級2:耐震等級1よりも高い耐震性能を有しており、より大きな地震に対しても倒壊や崩壊するリスクが低いです。等級2の建物は、耐震等級1よりも厳しい基準に適合している必要があります。

耐震等級3:最も高い耐震性能を有しており、大規模な地震に対しても安全性が高いとされています。この等級の建物は、非常に厳しい耐震基準に適合しており、強い地震が発生しても構造的な損傷が非常に少ないことが期待されます。

耐震等級は、建物の設計段階で考慮される重要な要素であり、地震の多い地域、特に日本のような国々で非常に重視されています。耐震等級が高いほど建物の安全性が高まるため、新築時やリフォーム時には耐震性能を意識した設計が推奨されています。

2024年1月23日

新しい省エネ「ZEH」

新しい省エネ「ZEH」

新しい省エネ「ZEH」

今、日本の住まいと住み方が変わろうとしています。それが、住宅の本格的なゼロ・エネルギー化への取り組みです。

先進のテクノロジーと最新のノウハウで実現できる「ZEH (ゼロ・エネルギー・ハウス)」で、石川県の寒さや土地柄を活かしたお家づくりをしましょう。

「ZEH」

ZEHゼッチとは? (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

環境に配慮した暮らしのために、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつとなっています。2025年に義務化が求められる省エネルギー基準よりも、さらにグレードの高いものが「ZEH基準」です。ZEHとは、高い「断熱」性能をベースに、高効率機器やHEMSによる「省エネ」、太陽光発電などによる「創エネ」を組み合わせることで、住宅の一次エネルギーの年間消費量が正味でおおむねゼロになる住まいのこと。

ZEH支援事業による普及促進のための補助金制度※もあります。さらに日本全国でZEHを建てられるようにバリエーションが追加されました。建設条件や地域、ご家庭ごとのニーズなどに合わせて幅広く対応ができるようになり、今後、ますます住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。
※補助金事業は予算額・期間が定められています。

ZEHゼッチとは?

ZEHは「断熱」「省エネ」「創エネ」でエネルギー収支をゼロにする住まいです。

  • エネルギーを極力必要としない家

    エネルギーを極力必要としない家
    断熱性能の要件(高断熱外皮)

    断熱性能はUA値という指標で表し、地域によって異なるが0.4~0.6以下をクリアしなくてはなりません。
  • エネルギーをじょうずに使う家

    エネルギーを上手に使う家
    省エネの要件(省エネルギー設備)

    エネルギー消費の大きい「空調」「照明」「給湯」「換気」の4項目で、省エネ効果の高い設備やアイテムを導入することで、一次エネルギー消費量を20%以上削減します。
  • エネルギーをみずから創る家

    エネルギーをみずから創る家
    創エネの要件(太陽光発電システム等の再生可能エネルギーシステム)

    ZEHの3本柱の一つ創エネルギーは、太陽光発電システムがメインとなり、家庭用燃料電池や蓄電池などを組み合わせることで、日常から非常時まで役立つ。


ZEHの4つのメリット

  • 健康への好影響

    健康への好影響

    高断熱住宅は居室間の温度差による急激な血圧上昇を防ぐほか、その総合的な効果により健康改善に結びついているという調査結果もあります。
  • 光熱費の削減

    光熱費の削減

    ZEHにすることで、光熱費は一般的な在来住宅と比較して大幅に削減することができる。そのため、地球にも、そして家計にもやさしい住まいになる。
  • 災害時にも貢献

    災害時にも貢献

    太陽光発電による創エネと蓄電池による蓄エネを組み合わせれば、停電時でも生活に必要な電気機器を稼働させることが可能になるため、災害時にも心強い。
  • 快適性の向上

    快適性の向上

    高断熱に加え、自然の力を利用するパッシブデザインという設計手法により、省エネとともに、光や風の心地よさ、太陽の暖かさにより快適性も向上する。


ZEHの未来とは?

ZEHはもう、当たり前になります。

ZEHはもう、当たり前になります。

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題とされているなか、政府が2030年までに新築住宅の平均での実現をめざしている「ZEH」。一次エネルギー消費量収支ゼロの住まいが、いまや当たり前になりつつあります。

石川県を知り尽くした株式会社北出建築工房plusだからこそできるオリジナル工法により、心地よく、より快適な毎日を楽しめる、ハイレベルなZEHをお届けしています。

北出建築工房plusのZEH

北出建築工房plusのZEH

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

2024年1月 2日

『令和6年能登半島地震』について

この度『令和6年能登半島地震』により、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災になられた皆様、ならびにそのご家族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

被災された皆様の生活が一日も早く平穏に復することをお祈り申し上げます。

また救助活動の為に県内外から駆けつけてくれている消防・自衛隊・医療関係者・ボランティアの方々、またたくさんの支援やメッセージをありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

日を追うごとに、見えてくる被害の大きさに胸が締めつけられる思いです。
断水や食料・物資の不足、ガソリンの不足等などもあり、"今すぐ力になりたい"思いがありますが、車両の渋滞が救命活動の妨げになるので今は見守ることしかできません。

まだまだ余震が続く中、不安が残りますが、私たちも同じ石川県民としてできる限りのことをやっていこうと思っております。

代表取締役 北出真一
スタッフ一同

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント